砂川建築環境研究所

RESULT

■主な業務実績


1)住宅省エネ基準簡素化のためのコンサルタント業務/(財)建築環境・省エネルギー機構:平成20年4月~平成21年3月

H11年住宅の省エネルギー基準の簡素化を主目的とした改正に伴う基準案策定の為の断熱性能に係るシミュレーション、基準案の検討、及び省エネ基準解説書の作成を行う。(委員会対応、シミュレーション・基準案検討、解説書執筆を担当)


2)H21・22年度 建築基準整備促進補助金事業/国交省「住宅の省エネルギー基準に関する検討」(事業主体:東大、住環境計画研究所、砂川建築環境研究所、建築環境ソリューションズ(H22年度))

集合住宅における省エネルギー基準の整備に係る住戸位置がエネルギー消費に与える影響の検討、及び、省エネ性・居住環境性に優れる住宅の高断熱化の目標水準検討のための基礎データを整備する。(砂川建築環境研究所担当)


3)H22・23・24・25・26年度 国交省「住宅の断熱水準別戸数分布の推計」

住宅新築工事、及び増改築工事等の断熱技術導入推進に係る施策検討の資とするため、住宅の断熱水準別戸数分布を推計する。


4)H23・24年度 建築基準整備促進補助金事業/国交省「外皮熱特性の評価方法・指標に関する検討」(事業主体:北方建築総合研究所、砂川建築環境研究所、EP&B、建築環境ソリューションズ)

住宅及び非住宅建築物の省エネルギー基準等の整備に資することを目的として、現行の省エネ基準等では評価方法として必ずしも十分とは言えない項目について検討を行い、新たな評価方法・評価指標の提案等を行う。


5)H24・25・26年度 住宅省エネ化推進体制強化事業に関する業務(五か年計画)/(一社)木を活かす建築推進協議会)

主に、住宅省エネルギー技術講習会のテキストの制作と講習会講師を務める。


6)低炭素認定基準、改正省エネルギー基準(H25年度)における外皮性能の基準策定に関する業務/住宅省エネシステム検討委員会(JSBC)

外皮性能の基準策定に関する検討、及び講習会テキスト等の作成を行う。


7)その他:調査検討、技術支援等のコンサルタント業務

①住宅の省エネ基準、性能表示制度、住宅事業建築主基準、住宅ラべリング制度等に関する業務
②住宅生産者、断熱建材(断熱材、窓)メーカーにおける断熱技術開発、省エネ技術普及促進等に関する業務
③断熱リフォーム(エコリフォーム)に関する業務